Secret

Case 15

 

公私混同  2005 11/17




私が事務員として働いていた会社と言うのは、支店なんかがある大きな会社ではなくて、

従業員常勤4名の日本でただ一つの小さい小さい有限会社です。





表向きは。





というのも、ある会社(これも規模が同じくらいの有限)が軌道に乗ったので、「じゃぁもう一つ会社作ろうか〜」

という事で設立されたのがうちの会社。




要は子分です。 親分と子分。





そんなはずみでできたような会社の経営は「作るべきではなかったんだ!!」と何度思ったか分からぬくらい

大変でした。 

使うことしか知らぬ子分社長。 子分会社の金で遊ぶ親分社長。

ああ常に赤字。 






そんな会社に新入社員が入る事になりました。

女性です。 事務です。 という事は私の後輩です。







新入社員? 何言ってるんですか?






(まだ会社もできたばかりで)こんなに仕事が無いのにどうするんですか?

というか事務所家賃や公共料金もろくに払えないどころか、社員の給料すらまともに払えてないのに

一体どういうおつもりですか?





てか新しい事務員入れるならオレをクビにしちくれ






さてさてこんな反感をかった新入社員さんはどんな人なのでしょう?










親分会社の社長(40)のお気に入りのホステス(26)です







遊びじゃないんですよ会社は。








親分社長がいつものようにキャバクラに出向いた時、ホステスが「昼の仕事がしてみた〜い☆」と言い出し、

親分社長も酔った勢いか、いつもの見栄なのか「じゃぁうちの会社来ればいいよ」と、言ってしまったそう。 

(てか「してみた〜い☆」とは何だ。 ナメんな。)






ま、冗談ですよ冗談ね。 







と思ったらホステスは真に受けたようで(ありえない)、ノリに任せて具体的な話が進み、

後に引けなくなったようです。







アンタバカですか?








しかしなぜ親分社長のお気に入りのホステスなのに、子分会社に入社なのかと言いますと、

親分会社は親分社長の怖い怖い奥様(30)がいる事もあり、子分会社に。






押し付けってひどいですね。

じゃぁホステスさんの給料そっちが払ってくださいよと言いたい。 




会社ごっこはこりごりです。







ホステスが入社するにあたって  2005 11/23








さてさて親分社長のお気に入りのホステスさんが入社するに当たって、やはり一応面接しないとね!

ということで、一度面接の為に来社する事が決定。







親分会社、子分会社を巻き込んでプチ騒ぎ。

どういう経緯でホステスさんが入社するのか知ってる人も、知らない人もそりゃ不安です。









親分社長の奥様にももちろん、ホステスが入社する経緯を説明、


「子分社長とホステスさんは、もともと知り合いという事もあって(これはマジ)

 子分社長がぜひ手伝って欲しいと頼んだ。」


と、こういう事になっておりますよ ええ。

まさか自分の旦那お気に入りのホステスが子分会社に入社、なんて知ったら超修羅場ですからね。







誰もが真実が奥様にバレぬよう最善の注意を払い、入社へと準備を進めました。






そして面接の日、

なんか子分社長と子分部長は落ち着きませんね。 楽しそうなのは親分社長のみ。










ホステスさんは、普通の可愛いお姉さんというカンジでした。

どこぞのNo.1らしいですけどそれも分かる。









子分社長が会社の仕組み、仕事の内容などを簡単に説明、ホステスさんも納得したところで履歴書を








なんと会社で書き始めました。  会社にあった履歴書セットで。





普通こういう形で面接にしても、一応書いてくるもんじゃね? 私がおかしいの?







いい加減な会社にはいい加減な事があるもんだと、二杯目のコーヒーを準備しながら

私は軽くカルチャーショック(意味不明)










さてさて書き上がりましたよ履歴書が。



証明写真ないとダメですよね。






え? 写真持って来てないのですか? まぁ履歴書も書いてないなら当然でしょうか。

じゃ今ここでデジカメで撮影しちゃえば?、と親分社長の一声で




証明写真もどきを(面接に来た)会社で撮影。






普通の会社じゃありえません。




じゃこれ現像して貼っといて、とデジカメを先輩へ。

ホステスさんは帰って行きました。 親分子分社長はパチンコへ。









明日から早速出社してくるそうですよ。








私と先輩がホステスさんを教育するにあたって部長から注意点が


・ 高校卒業後、服の販売員を一年程したものの、あとはホステス経験だけなので、電話・来客対応その他

  心配なのでよく教えておいて欲しい。 (「え〜わかんな〜い」とか言うのではと部長は心配のようだ)

  パソコンも全く使えないので1から教えないといけない。




まぁこれ普通です。 パソコン使えないってのはかなり痛いですけども。

次の注意点に行きましょう。






・ 実はインドネシアと日本人のハーフで、子供時代の何年かはインドネシアにいたそう、

  会話は普通にできても漢字など、きっとほとんどできないので、これも教えておいて欲しい。







なんですと?





(履歴書見る限り、バリバリ日本人の名前だったけど、ハーフも日本で生まれれば

 日本人の名前つけれるよね。)



ああそれっぽい顔していました確かに。 色黒だったし。

そいういえばさっき履歴書書いた時、部長に漢字聞きながら書いてたな。

置いて帰ったメモにいっぱい部長の字で漢字が書いてあったぜ。

てかパソコン以前の問題でしょうそれは? 私はローマ字から教えるのですかもしかして?






部長が眉間にシワを寄せて超真剣に言っています。

もう明日から心配でたまりません(泣)










ホステスが出社してきましたよ  2005 11/30




さてさてホステスが会社にやってくるシリーズ?第3弾ですよ。




朝私が出社するとホステスさんはもう出社して先輩指導の下、掃除をしてくれてました。

(寝ぼすけの為ギリギリにしか出社できない私・・・ええダメ人間ですよ)




掃除が終わって先輩とホステスさんのコーヒーを入れたら本格的なお仕事です。

社長も部長もまだ来てませんし、少し気が楽です。

会社の仕組みや、事務のもっと詳しい仕事内容を丁寧に説明したところで、

パソコンの使い方を教えながら簡単な書類を作ってもらおうとパソコンへ。




あ、パソコン使えない前にインドネシアのハーフなんですよ彼女はね。

ローマ字も分からないかもしれません。 これから作ってもらう書類の漢字も。




「ローマ字分かりますか?」

「う〜ん だいたい分かると思う。」

「あと漢字とか大丈夫ですか?」

「多分大丈夫。 でもあたしバカだからぁ〜(笑)」




あ、なんとか大丈夫ならいいや。  もうほっとしましたよ私。

説明も終わってホステスさんにお願いしたところで、先輩に事務所のすみっこに呼ばれました。

ありゃ? 何かしましたか私。







「あの人、バリバリ日本人だから」










( ゚Д゚)は?










「部長のはあれウソよ。 信じちゃいけんよ。 まぁあの人もウソと本気の区別が

 つかないような顔でああいう事言うのも悪いけど、ゆえさんも信じちゃダメだよ。」






あのヤロウ!!






いやいやそんなことよりも、私がさっきホステスさんに言った事がよほど問題ですよ!



「ローマ字分かりますか?」とか「漢字大丈夫ですか?」とか失礼にも程があるってんだ。

謝らなきゃ!! でも何でそんな事をって思うし理由を説明すれば、部長がインドネシアのハーフって言った

なんて知ったら、例え知り合いでも傷つくだろうに(社長も部長もホステスさんともともと知り合い。)




悩みましたよ私。

悩んだ結果








そのままそ知らぬ顔でお仕事続行








だって謝りたいけど、きっと傷つくだろうし、ホステスさんはあまり気にしてないようだし(たぶん)、

この際私悪者になるよ。

部長には今度激濃いコーヒーでも出してプチ報復。











お昼食べながらホステスさんとお話してみました。 彼女、結構話やすいカンジです。

やっぱこんな会社でも緊張しますか?と聞くと

「うん すっごい緊張して昨日寝れなかったんだ〜 スーツも面接終わってすぐ買いに行ったんだよ」

親分社長(ホントはちゃんとした呼び方で言ってますよ)の紹介ですよね、びっくりしました?

「なんかね、冗談だと思って私も働いてみたい!って言ったら次に会った時は話が具体的に進んでて

 びっくりしたよ〜。 で冗談じゃなかったの?って言えないしさぁ」








話が違うじゃねぇか。








お互い勘違いしてるだけじゃん? それともどちらかが相手のせいにして言い訳してるんでしょうか?

なんだこのなすり合い。

ま、入ってしまったものはしょうがないですけど。






夕方になって社長が出社、ホステスさんの社会保険なんかの話をし出しました、だいたいうちの会社は

入社して半年ほど様子を見てから加入するのですが、(本来は即加入が基本です!)

「社会保険とか入らないと! やっぱ自分の保険証欲しいでしょ?」

(ホステスは社会保険などほとんどのところはないようです)

「うん 欲しい〜」






即加入。 まあ一般的に見ればこれって普通ですけど。

うちの会社は様子を見てから入る分、即加入とは「離さんぜ!」って考えが手に取るように分かるわ。







で社会保険に加入するとなると年金手帳の提出が必要です。

あの20歳になるとみんな持ってるあれです。 明日か明後日には持ってきてくださいねと言うと、




「え〜 何それ?」




20歳になったらみんな持ってるんですよ。 社会保険事務所かどこかから通知が来て強制的に

年金払わされるのですけど・・・ 年金手帳と言う手帳も交付されるんですよ。

たぶん私と同じで青い手帳だと思いますよ。 持ってません?





「ん〜 あたし分かんない。 でも持ってないよ」







こっちが何それ? ですよ。

社会保険の加入手続きをする用紙に、一人一人年金手帳の番号と言うものがあってそれを記入しなければ

ならない欄があるのですがこの際そこ空欄で手続きの書類の書き方を説明して書いてもらいましたよ。 

もうやってもらわないとね。







夕方親分社長がホステスさんに会いに様子を見にやってきましたよ。

お客さんが来た時にコーヒー(お茶)を出す注意など説明してやってもらいました。

ま、ちょっと違うけどこういうのは彼女プロですし、きっと大丈夫だと思います。








そうそうお盆持って行ってテーブルの横から出すんですよ。








お客さんの隣に座って出しちゃダメです!!







これじゃキャバクラじゃないですか。 しかし親分社長は嬉しそうです。 

身内ならいいけどお客さんの時はダメですよもう〜(*´Д`)





ホステスさんは  2005 12/25




ホステスが入社してくるシリーズ(適当)あんまりにも長くなっしまた・・・







と、言うわけでホステスさんは無事入社してきたのであります。

お茶の出し方を心配したものの、社内の人間ではなく、お客さんには普通のお茶の出し方をしたので

一安心です。






親分社長も週2回かしか来なかったところ、以来毎日来るようになり、用事もないのにお茶ばっかり

飲んで居座るのでめんどくさくてしょうがない。








ちなみにホステスさんはタクシーで出社してくるのであります。 さすがだね。 うちの会社交通費出ないから

もちろん自腹なんだけども、やっぱ一般人とは違うぜ。

帰りは会社から近いので歩いて店(キャバ)に出勤し、帰りは店の送迎バスがあるのでそれで帰宅するそう。








んでもって私は早速、ホステスさんの社会保険の資格取得届(社会保険に加入する際に提出する書類)を

社会保険事務所に提出してきたんですね。









もちろん出す時に書類をチェックされるんですけども

「あら? この人20歳過ぎてますよね? 年金手帳の番号がないんですけど持ってないんですか?」

ああ やっぱり突っ込まれましたよ。 触れないでそれは。

いや、私もそう聞いたんですけど手帳持ってないし、何も知らないそうなんですよね。

と言うと怪訝そうな顔をしながら

「そうですか、20歳すぎたら通知がいってるはずなんですけどねぇ〜。 ではこちらの年金手帳の

再発行手続きを行ってくださいね。」

(持って無いんだから再発行というのもおかしいのだが)









と新たな用紙を渡されまた提出しに来るハメに! 何てことでしょうめんどくさい。

帰り際、どうせきっとすぐ辞めてしまうのでは?という根性曲がった私の予想から資格喪失届

(会社を辞める時に社会保険を抜けるために提出する書類)ももらって帰りましたよ あたしゃ。






Xヶ月ぶりにホステスシリーズですよ  2006 4/9




ずっとずっと昔に途中まで書いてめんどくさくなって放置していたホステスシリーズ
、やっとこさ続きを。







社会保険事務所から帰ると、子分社長から親分会社へ研修へ行くよう命じられました。

もうそろそろ会社としても本格的に動き出すし、一度みっちり教えてもらいたいと私自身思っていたところ。



私がいない間の子分会社での、書類関係は先輩、お茶だしや電話(これも半分は先輩)はホステスさんに

任せるからと言われました。




なんだかちょっぴり、ちょっぴりですよ 邪魔者的な扱いをされているのは気のせいか?





次の日から早速親分会社へ出社いたしました。 親分会社は女の人ばかりなので気合が入る。

話題はやはりホステスさんに集中!!



「どんな人?」

「いや、普通の人ですよ。 意外と話しやすい普通のお姉さんでした。

 あ、年金手帳持ってなくて、存在自体知らなくてちょっと困りましたけど、他は特に。」

「あはは バカ?」

「あはは(そんな事言えねぇよ。)」

「でも長く続くとは思えないよねぇ〜。 ホステスの仕事しながら昼も働くってしんどいしさぁ、すぐ辞めそう。」

「私もそう思うんですけどねぇ。 でもホステスの仕事いずれ辞めるて昼だけにするって言ってましたよ。」

「でもさぁ、ここの収入だけって、夜の仕事してる人からしたら半分以下とか3分の1くらいになるんじゃない?

 ムリだよ〜。」

「3LDKのマンションに一人で住んでるらしいですからね、家賃聞いたらここの月収より高かったです。」

「でしょ〜! それで夜の仕事辞めるなんて絶対ムリだって。 男が出してくれるなら別だけどさ。」






一体どうするのか・・・





ホステスシリーズ(昔の会社の話ですよ)  2006 5/28






やっとこさ、ちょこちょこ書いた
ホステスシリーズ

大好きな某サイトのN先生に、まだなのかと怒られちまったい(ウソ)。







放置しすぎてどこまで進んだかも覚えていなかった自分がヤバイと思った・・・

まさかこんなに長くなるとは思わんかった・・・ もっと省略すればこんな事には・・・(以下略)

でもまだ今回も終わってない(泣)











親分会社で真面目に研修中であった私。

でも狭い事務所だと、目の前でお姉さん達が私の興味を引く話をいろいろしてくれて困る。

知らん顔して聞き耳をたてている私。




ちなみに、ちなみになんですけども、実は親分社長の奥様ってのは子分社長のお姉さんなのです。

なんで親分・子分社長は義理の兄弟になるんですね。

余計なサプライズ。




夜の店のママさんをやってる奥様は美人でカワイイ人です。 そしてなかなかのやり手。 

お店も大繁盛なのです。




以下、ママさんと営業のお姉さんの会話。

ママさんも、前からホステスさんのことを知っていたよう。



奥様:「あのHさん(ホステスさんの事)入れてどうするつもりなの?

     今更ってカンジじゃない?」

姉様:「今更?」

奥様:「Hさんが昔、うちの弟の事(子分社長)をイイ!って言ってた時期があって、

     ちょっと関係があったみたい」

姉様:「え〜 何々〜!?」





(私も心の中で「何々〜!?」ってカンジでした。 オバサンだな。)



奥様:「昔、Hさんの事を弟に聞いた時に、もごもごしてはっきり言わなくってさ〜

     直感で、あ、こいつらヤリよったなって」




その場の人々:
「えー マジで(すか)!?」




やはりみんな(約3名)聞いていたようだ。






もうこちらびっくりですよ。

まさか子分社長も自分が昔、関係があった人を親分社長と言う 義理の兄が気に入って、

自分の会社に入社させるとは思わなかったろうに。





先輩に教えてあげよふ。

しかもまだまだ話は続く。


奥様:「しかもさぁ、Hさんがうちの店で働くって勝手に話してるのよ! 信じられない!」




え?昼の仕事だけにするって言ってたのに?

なんと! 聞いていると、奥様の店で働いているホステスさんが、Hさんより給料の割がいいと、

子分社長から聞き、うらやましがっていると、奥様の店に来る?と言う話を進めているようで・・・







どこかで聞いた話だぜ。 このパターン。




奥様:
「私だって、立場上キツイ事言わなきゃいけないのにそう中途半端に知ってる人を

     軽々入れるわけにはいかないんだけど、Hさんがもう来る気になってるって言うのよ。」





基本的に親分会社の人々は、親分社長がホステスさんを気に入って入社させたと知らないんですね。

奥様と同じように「子分社長が手伝ってと頼んだ」としか伝わっていないみたいです。








それにしても他人を巻き込みすぎだっつーの






ホステスシリーズ再始動、そして完結です  2007 1/4







大昔からちょっとずつ更新しているお仕事裏日記、ホステスシリーズ ←ここからこれまでの流れをどぞ。

(忘れた人も初めての人もよかったらどうぞ。 少なくとも私は毎回更新する前に読み返して復習しています。)

ちょこっと修正、加筆してあります。










さて、一ヶ月親分会社でみっちりと研修を積んだ私は、帰りたくないけど子分会社へ。

給料計算とか、書類が超忙しい時に2日ほど戻ってきたけど、ああ本格的に帰ってきたのです ここへ。





問題のホステスさんはどうしているんでしょうか。





「なんかねぇ、気まずいの。 辞めたいなぁ〜って思ってるんだけどぉ」










( ゚Д゚)は?









なんと、なんという事でしょう。(ビフォー○フター風に)






理由を聞いてみました。





なんとね、仕事がなく、たまの掃除以外は事務所で座っているだけの事が多いうえ、

静か〜な事務所に先輩と二人の時はよいものの、子分社長に部長が加わりみんなでだんまりでいるのが

気まずくて気まずくてたまらないんだそうだ。






ふんだ! 仕事無いなんて最初っから分かってたんだよヽ(`Д´)ノ





そんなことより、え? それだけ? 実は昔ヤっちゃったから気まずいんじゃなくて?

てか親分社長の奥様のお店で働くって聞いたんですけど、本当ですか?





「それね、こないだ いつから来れる?って聞かれた! 奥様がすっごい期待してるんだけどって

 言われたのね。 でもまだ今の店に辞めるとも言ってないし、勝手に話が進んでてどうしよう?」






親分子分社長は話を勝手に盛り上げて進める癖があるようです。

(でもさ、はっきり言おうよあなたも。)









しかしホステスさんはまだ辞めたい理由があるらしい。




「あとね、話が違うの。 入る時に親分社長が近々ジュエリーショップを開業するから、とりあえずこの会社に

 入って、いずれはそっちを任せたいって言ってたの。 ジュエリーは女の人向けの店がいいからって

 言われて、すごい!そんな事させてもらえるんだ〜って思って入ったんだけど、ジュエリーショップなんて

 その後微塵も話に出てこなくって、ここで親分子分社長が話してるのを聞いててやる気配もないのが

 分かるし。」








ジュエリーショップ・・・そんなこと言ってたんですか? 初めて聞きました。

多分ちょっと作ろっかな?って思って言っただけで、Hさんを入社させる口実だと思いますよ。

だいたいそんなお金ないです。 ガス代だって後回しにしまくった挙句止められていますんで。

社員の給料だって借金して払ってますから。






なんて、先輩も交えて3人で愚痴こぼしたところで今日はみんな退社。





ホステスさんも振り回されているようです。







ある日出社すると、まだ先輩とホステスさんと私の3人のみでした。

ホステスさんが






「私、昨日辞めるって電話したの」




おおっとぅ、来た!








昨日会社から帰った後、子分社長には言いにくいので親分社長に辞めたいと電話。

しかし、子分社長も一緒にキャバクラにいたので親分社長から子分社長へ即電話交代。

すぐに辞められたら困るって最初に言ったはずと子分社長。

しかしジュエリーショップの事、話が違うとホステスさん反撃。



まぁ今日話をしようじゃないかととりあえず電話は終わったそうだ。








これはまたぷち騒ぎかしらん?

なんて3人で話していると子分部長が出社。









子分社長から話は聞いているようで、隅っこで子分部長とホステスさんが話を始めました。

同じ部屋と言えど、隅っこの上、小声での話しなので聞こえない・・・







でもね、子分部長はすごく優く諭すようにに話してるんですよ。

ホステスさんは







なんと泣き出した=( ̄□ ̄;)







どうしたのですか? ホステスさんもいろいろ辛かったの?







そうこうしてると二人の話は終了。

子分部長は外出。






ホステスさんも泣いていたのが治まったようで

「子分部長が社長だったらよかったのにな」と一言。







なんだそりゃ(*´Д`)

結局は今日限りで辞めることになったようだ。








その後子分社長が出社してくるも二人は一言も話さないまま、終業時間となり、

ホステスさんは一言

「お世話になりました。」

と辞めていきましたとさ。









ホステスさんが帰った後、子分社長が一言

「保険抜いといてな」





「はい(言われなくても)」







こうして、会社中を巻き込み、ホステスさんを振り回したこの一件は終了したのであります。

あの資格喪失届を持って帰った時の直感は正解であった。







以上でホステスシリーズは終了です。 こんだけひっぱってオチがなくってごめんなさい。








この会社に入ってホステスさんが得たもの




年金手帳





これはプライスレス。




というか支払い義務はこれから何十年と続くからがんばって払ってね。



 

SEO [PR] おまとめローン 冷え性対策 坂本龍馬 動画掲示板 レンタルサーバー SEO