Secret

Case 1 

 

「持ってないんです」



社員が足りない時、求人広告を出したりして募集しますよね。 

うちの会社の事務員は給料は安いですが  特に資格は必要なく、土日祝休み

時間も10:00〜18:00で残業はなし、という 条件的にとっつきやすいせいか 結構問い合わせがありました。



社長の都合をあらかじめ聞いておいて、電話をくれた面接希望の方に面接日時の案内をします。

電話の際の質問も私が答えられる(分かる)範囲でお答えしているのですが・・・



求職者の方:「求人見たんですけど・・・」

      私:「はい。 一度面接に来ていただきたいのですが、明日の10:00はご都合いかがでしょう?」

求職者の方:「・・・・・・・・・あの〜・・・会社はぁ スーツじゃないとだめなんですか?」



時々勤務時の服装について問い合わせはあります。 



      私:「そうですね〜 服装については決まりはありませんので私服で結構ですよ。ただお客様が

         よくいらっしゃるので ジーンズなどあまり砕けた格好はちょっと・・・。」

求職者の方:「・・・・・・・・・あの〜・・・面接はスーツじゃないとダメなんですか?」



・・・・・・・!?(゚Д゚) 私の勘違いだったようです  が、こんな質問は初めてです。



      私:「ん〜 面接時の服装について指定はありませんが面接なので 

                        やはりみなさんスーツで来られますよねぇ」(ちょとイヤミっぽく)

求職者の方:「スーツ持ってないんですぅ」



知らねぇよ・・


てかそんなこと聞くなよ。


そういうことなら私服でも構いませんよと伝え、日時を案内して電話は終わりました。



しかし当日奴は来なかった・・・・



電話の時に一応年齢をお聞きしているのですが、だいたい25歳位までの方で

面接を何の連絡もなしにすっぽかす人、非常に多かったです。 



電話の感じでだいたい分かるんですが(基本的な受け答えができないとかね) 

連絡もよこさずに一体何を考えてるんでしょうね? 



当時19だった私でも非常識だと思ったものです。(だって当たり前よね?)



 

SEO [PR] おまとめローン 冷え性対策 坂本龍馬 動画掲示板 レンタルサーバー SEO